より効率的に「太るための食べる順番」は存在します。

 

その方法を、先に結論から言ってしまうと、炭水化物をはじめとした「高GI値」の食品から先に食べるようにすれば良いのです。

 

結論だけ言うと、上記の通りとなりますが、この食べ方を続けることには「ある種のリスク」も存在します・・・。それは文章後半で。。。

太るための基礎知識と炭水化物ファーストの効果

まずは、太るための基礎知識と、なぜ炭水化物から摂取するのが効果的なのか。順番に解説していきたいと思います。

【基礎】摂取カロリーが多くないと太れない

太るためには当然のことですが、きちんと食べる必要があります。つまり、きちんとカロリーを摂取する必要があります。

 

そして、

  • 摂取カロリー > 消費カロリー

 

の状態が継続すれば、あなたの体重は増えていくことになります。

 

これは家庭の収支で考えるとわかりやすいかと。毎月の給料(摂取)が支出(消費)を上回っていたら毎月「貯金(体重増加)」ができるわけです。

摂取カロリーが多ければ、それだけ太れる可能性が高いというのは極めて単純な話です。

炭水化物⇒インスリンを活性化させ脂肪をつきやすくなる

増量するための食べる順番に関わってくるのが「インスリン」というホルモンの存在です。少し専門的な話になるので・・・

なるべく噛み砕いて易しく説明したいと思います。

 

ざっくり言うとこんな感じ

  • インスリンは血液中の糖分(=血糖値)を調整する
  • 甘いものを一気に食べると血糖値が急上昇する
  • 血糖値の急上昇を緩和するために、インスリンが働く
  • (どのように働くかと言うと)血糖値を下げるため、血液中の糖分を脂肪に変換する
  • 糖分が体脂肪として蓄積される為、太ることが可能

 

インスリンとは、膵臓(すい臓)に存在するホルモンで、血糖値を調整する役割があります。

血糖値とは、血液の中にある「糖分」のことです。食べ物を食べると血糖値が上昇します。なぜなら、食物中の糖分が吸収され、それが血液を介して全身の組織に届けられるから。

 

そして、急激な血糖値の上昇に対し、体は対抗しようとします。理由は、過剰な糖分の存在により、血液がドロドロになってしまい「詰まり」などのリスクが伴うからです。

 

なので、血中の糖分を中性脂肪に変換することで、血中の糖分濃度を減少させようとします。⇒これがインスリンの作用です。

 

中性脂肪となった糖分は、体脂肪として蓄積されやすくなります。

つまり以上から、血糖値の上昇をうまく利用すれば太りやすいと言えます。

吸収カロリーが「超重要!」

忘れがちなんですが、極めて重要なのが「吸収カロリー」です。

 

太るためには、

  • 摂取カロリー>消費カロリー

 

だと説明しました。しかし、正確に言うと、

  • 吸収カロリー>消費カロリー

 

が正しいのです。

 

いくら口から摂取したカロリーが多くても、吸収されるカロリーが少ない場合、非効率な摂取になってしまいます。思うように太ることができないのです。

 

例として3パターンの人がいたとすると・・・

  • 【摂取カロリー】×0.7 =【吸収カロリー】
  • 【摂取カロリー】×0.8 =【吸収カロリー】
  • 【摂取カロリー】×0.9 =【吸収カロリー】

 

当然ながら、吸収率(=摂取カロリーに掛け算する係数)が高い方が、効率的なエネルギー摂取となり効率的に吸収される。

 

つまり、吸収率が大きい人の方が体重を増やすことが可能だということです。よく考えれば、極めて単純で、当たり前のことなのです。

 

そして、この大事な「吸収率」を高めるサポート成分も存在するので後述します。

太るための食べる順番

以上を踏まえると、順序として「炭水化物から食べる」というのが血糖値を上昇でき、結果的には太る食べ方だと言えます。

GI値の高い食材から食べる

同じ炭水化物の中にも、より血糖値を上げやすい食材が存在します。GI値(グリセミック指数)という指標が存在し、血糖値の上げやすさを数値化したものです。

出典引用:元気通信

炭水化物の中でも、白米やパンなどはGI値が高いのです。「太る」ということだけに焦点を当てるのであれば、まずは白米・パンを先に食べることが太れる食べ順と言えるでしょう。

 

逆に野菜など、特に根菜やきのこ、葉物はGI値が低いので、血糖値の上昇は限定的です。太るためには、食べる順番を後回しにした方が効果的でしょう。

急激な血糖値の上昇にはリスクも

繰り返しますが、太るためには以下が重要です。

  1. 摂取カロリーを多くする
  2. 高いGI値食材を先に食べる
  3. 吸収カロリーをアップさせる

 

これらは事実です。中でも注意したいのは「2.の高GI値を先に食べる」の項目。

 

既に説明したように、GI値が高い食材を先に食べることは、確かに太るためには有効です。

 

しかし、この食べ方にはリスクもあります。

 

血糖値を急に上昇させることに繋がるので、血管の詰まりや老化の促進、糖尿病予備軍を増加させるなどの、マイナス要素を孕んでいることを知ってください。

参考(外部サイト):急激な血糖値上昇と老化の関係

吸収を高める食品・サプリが重要

以上から、安全に太るために大切なことは、

  • 摂取カロリーを多くする
  • 吸収カロリーをアップさせる

 

という2点なのです。体重を増やす=ウェイトアッププロテインというイメージがありますよね?確かに、ウェイトアッププロテインは、摂取カロリーは多くすることが可能で、増量に有効な対策となります。

 

しかし、従来のウェイトアッププロテインでは、吸収カロリーを高める効果は限定的です。

 

そして、致命的な欠点として

「プロテインを飲むだけでお腹に溜まってしまい、食事が細くなる」という点が挙げられます。

 

それらを解決するためにはどうしたら良いのか・・・・?解決策に関しては、以下の記事に書きましたので、参考にしてください。

参考:あなたがそれでも太れない理由