太る食べ物とは一体なんでしょうか?ピザやラーメン、チャーハンといった、こってり塩分が高くカロリーが高い料理を思い浮かべるのではないでしょうか??

 

確かに正解。私が考える太る食べ物・料理というのは2つの条件があると考えています。

  1. 高カロリー
  2. たくさん食べることができる

 

1番の項目は皆さんご存知の通り。

 

着目すべきは、2番のたくさん食べることができるという項目です。満腹感を感じにくく、いつまでも食べていられそう・・・と感じる料理やお菓子ってありませんか・・?

 

そういった食べ物は、結果的に摂取カロリーが多くなるので、太れる食べ物ということになります。(※健康的に太れるかどうか?ということは、さておきです。。)

【総合ランキング】太る食べ物

上記を踏まえ、とにかく太るための食べ物ランキングを項目別に考えてみました。そして、はじめに【太るためのベストメニュー】を発表します・・・

  • 主食:ピザ
  • 添え物:フライドポテト
  • 野菜:アボカドサラダ
  • 飲み物:スプライト
  • おやつ:ポテトチップス

 

次に、カテゴリー別に太る食べ物ランキングを作成してみました!

料理

  • 1位:ピザ
  • 2位:フライドポテト
  • 3位:ソーセージやベーコン

 

ピザは最高に太れる料理ですね。超高カロリーですし、タンパク質・脂質もタップリ。トマトソース味であれば、吸収をサポートするビタミンも補給できるので、マルゲリータやシーフードフレーバーがオススメです。

 

それから、フライドポテトも太りやすい食材です。アメリカの給食にも出ますからね・・・。炭水化物+脂質MAXなので、、とにかく太ります・・・。

 

加工肉もカロリーが高く、特に「おつまみ」として取り入れると、結果的にたくさん食べることができてしまいます。

飲み物

  • 1位:炭酸
  • 2位:ビール
  • 3位:果汁ジュース

 

いつまでも飲み続けられそうな飲み物の代表例が炭酸飲料です。あのシュワシュワ感、ついつい飲み過ぎてしまうことも。。。

 

南米の人に肥満が多い原因の1つに、この炭酸飲料の飲み過ぎが挙げられます。糖質もたっぷり入っているので、カロリーとしても申し分ない飲み物です。

 

ビールは、それ単体でもカロリーが比較的高く、何よりおつまみに合う料理が高カロリーなので、結果的に太りやすい飲み物だと言えます。

お菓子

  • 1位:ポテトチップス
  • 2位:キャラメルポップコーン
  • 3位:ドーナツ

 

ポテトチップスは、【最強】かなり太ります。高カロリーですし、何よりどんどん食べてしまう、止まらなくなるので太れます。

 

ポップコーンは「重量当たりのカロリーは低い」のですが、どんどん食べて結果的に食べる量が多くなるので、摂取カロリーが多くなります!

 

ドーナツも高カロリー、高脂肪な代表的食材です。

アルコール

  • 1位:ビール
  • 2位:ワイン
  • 3位:焼酎

 

ビール自体はカロリーはまずまずですが、とにかく量を飲める+おつまみが高カロリーなので、結果的に摂取カロリーを増加させることが可能です。

 

ワインも同じく、カロリーはそこまで高くないですが、比較的多く飲める&おつまみパワーで、結果的に多くのカロリー摂取が可能です。

 

一方、焼酎は「それ自体が高カロリー」なので、焼酎好きにはオススメです。

特定部位だけ太れる食べ物はある?

顔、下半身、手首、あばら、特定の部位を太らせたい・・・!そんな食べ物ってあるのでしょうか??

 

結論から言ってしまうと、そんな都合の良い食べ物はありません。実は「太るor痩せる部位」には、それぞれ順番があるのです。

 

一般的に太る順番の目安は以下の通りです。

  1. お尻
  2. 腰まわり
  3. お腹
  4. 胸・顔
  5. 太もも
  6. 上腕
  7. 肩まわり
  8. ふくらはぎ
  9. 腕まわり
  10. 手首・足首

残念ながら、この順番に大きく逆らって【部分的に太る】ということは不可能です。人体にとって大事な部分から脂肪が付くようにできています。

筋肉をつければガリガリには見えない

カロリー摂取により脂肪を付けるだけではなく、筋肉を付けることによって細く見せないことも大切です。

 

ほどよい筋肉が備わっていることで、食欲も増して健康的に体重を増やすことが可能です。

寝る前や深夜の食事は太りやすい

これは本当です。寝る前に食事をするということは、血糖値が高い状態で入眠することになります。つまり、インスリンの作用により、血中の糖分を脂肪に変換する機能が活性された状態で寝るわけです。

 

すると、寝ている間もインスリンが活発に作用し、血中の糖分を脂肪に替えてくれるわけです。ただし、寝る前の食事は消化器官に負担をかけてしまうというデメリットもあることをお忘れなく。

太る食べ方

よく噛まずに食べるというのは、太る食べ方の代表例です。なぜなら、噛む行為が疎かになると「満腹中枢」が刺激されにくくなり、たくさん食べてもまだ足りない!というような状態になるからです。

 

確かに太りやすい食べ方ですが、この食べ方も胃腸に負担が掛かるということをお忘れなく!!

太る食べ物=高カロリーだが・・・

ここまで、太る食べ物や、太りやすい食べ方などを解説してきました。

 

しかし、高カロリーな食べ物を食べるだけではダメなのです・・・。

 

当サイトでも何度か述べていますが、摂取したカロリーをきちんと体に吸収することこそが重要なのです。つまり、摂取カロリーに対する吸収率が大事なわけです。

 

吸収率もきちんと考慮したプロテインなども、数は少ないですが存在するので一度目を通してみて下さい。

→吸収率を高めるウェイトアッププロテイン